毒草一覧次の花
ヒガンバナ


秋の土手や道端に鮮紅色の花を咲かせる有名な花です。秋植えの球根ですがあまり栽培はしてないのでしょう。初秋に花を咲かせ花が終わった後に葉を出してきます。冬の陽射しを独り占めしちゃおうって感じなのでしょうか・・・


毒草名  ヒガンバナ(彼岸花)、マンジュシャゲ、死人花、Red Spider Lily
学 名  Lycoris radiata (L’Herit.) Herb.
特 性  ユリ科 ヒガンバナ属、秋の野を赤く染める多年草
花 期  9月
毒部位  全草、鱗茎
成 分  リコリン(Lycorine)、セキサニン、ホモリコリン、ガランタミン(Galantamine)、リコレニン(Lycorenine)、リコラミン
症 状  皮膚炎、呼吸不全、痙攣、中枢神経麻痺、嘔吐、下痢




秋の彼岸の時期に咲くのでこの名が付いたようですが、ずいぶんですね。花一輪に一つの霊が入っているそうです。庭にポツンと咲いたら家族の霊がきているのかもしれません。でも、あまり気にせずに・・・。


 

白花の彼岸花(白花曼珠沙華-Lycoris albiflora KOIDZ.)です。山野草展で見つけました。ヒガンバナとショウキランの交配種とされていて、九州地方でのみ自生しているそうです。




黄花です。でもこれは「リコリス・アウレア(Lycoris aurea)」




曼珠沙華(ひがんばな)
------------------------

ごんしゃん ごんしゃん どこへゆく
赤いお墓の ひがんばな
きょうも手折りに 来たわいな

ごんしゃん ごんしゃん 何本か
地には七本 血のように
ちょうど あの児の 年のかず

ごんしゃん ごんしゃん 気をつけな
ひとつ摘んでも 日は真昼
ひとつ後から また開く

ごんしゃん ごんしゃん なし泣くろ
いつまで取っても ひがんばな
恐や 赤しや まだ七つ
------------------------
北原白秋:詞 山田耕筰:曲





■彼岸花には400近くもの呼び名があると言われています。
赤鬼、雨降らし、赤花、怒花、いちじばな、いっしせん、いっときごろし、いっぽんかっぽん、うしのにんにく、おおすがな、鬼甲、おにゆり、おばけ、お盆花、おみこしさん、おやごろし、おりかけ花、火炎草、火事花、かったい花、かったろ、かぶれのかっぽん、かめゆり、かぶれ花、かみなり、カラスの枕、狐の芋、狐のカミソリ、狐のかんざし、狐の尻拭い、狐の松明、狐花、首飾り草、袈裟掛け、袈裟花、毛無し芋、ごしょう花、じいじん花、しいれい、地獄花、舌刈り花、舌乞食、舌拭い、舌曲り、死人花、死人草、数珠掛花、十五夜、数珠花、しびれ花、しぶら、しぶらい、しろぐわい、じゃらんぼん草、じゃんぼん花、死霊草、死んだもん草、捨子草、葬式花、葬れん花、たこいも、田圃花、ちからこ、堤燈花、ちんからぽん、ちんちんどうろう、手腐れ花、手腫れ草、寺花、てんがい花、毒くさ、毒すみら、毒花、毒ゆり、赤痢花、毒帽子、如意花、にゅうどう花、にこくるま、猫車、野朝顔、野松明、墓花、墓蔭花、葉こぼれ草、葉欠花、葉欠婆さん、葉無草、花提灯、花火花、葉抜草、旗頭花、葉見ず花見ず、葉もげ花、ひいひりこっこ、火車、彼岸花、彼前花、ひびの花、ふでばな、蛇花、へそび、ほぜ花、ぼで花、仏花、ぼんぼらぼん、曼珠沙華、道迷い、道忘れ草、みみくさり、厄病花、幽霊花、嫁の簪、忘れ花・・・・・などなど。





路の辺の 壱師(ヒガンバナ)の花の いちしろく 人皆知りぬ 我が恋妻を
柿本人麻呂(万葉集11-2480)



掘りおこしてしまいました。水で毒抜きすると食べられるそうですが・・・食べたくないですよね。




放っておいたら芽が出てきました。やはり強いですね〜。このまま咲くんでしょうか?


 

つい見逃してしまう感じの芽です。これがあっ〜という間に大きくなります。




花の後、葉が茂ってきます。

 


≪MEMO≫
・葉が出る前に「まず咲く」から「マンジュシャゲ」と牧野富太郎博士は言っている。
・山口百恵さんの歌った「曼珠沙華(まんじゅしゃか)」は彼岸花とは違うようだ。
・リコリン:マウス経口LD50=10700mg/kg
・調理法(「ヒガンバナの博物誌」栗田子郎:著より)
 1)球根は地上部が枯れている4月から8月に採取する。
 2)球根の上下を切り落とす。黄色みを帯びた茎(ヘソ)をえぐり取る。
 3)桶に入れ水に浸けたものをかきまぜて黒褐色の鱗皮を除く。
 4)鍋などにたっぷり水をとり、白くなった球根と晒しに包んだ灰(消石灰)を入れ、強火で煮る。球根が黄色になったらよく掻き混ぜて球根を潰し、粗い糊状にする。
 5)内側に晒しを張ったカゴの上に目の細かいザルを置き、ここへ潰したものを入れ水を注ぎながら攪拌する。黄色を帯びたデンプンがカゴに沈殿する。ザルに残ったものは捨てる。
 6)沈殿したデンプンは黄色味が失せ白くなるまで、時々ゆるやかに攪拌しながら流水で晒す。
 7)アルカロイドの抜けて白くなったデンプンは、晒しに包んだまま圧し絞り、よく水を切る。
 8)別の容器に移し、粘りを持たすやめの葛粉や屑米、調味料を加え、手のひらほどの大きさの餅にして炭火で焼き上げる。
・真っ赤な秋
 ------------------------
 真っ赤だな 真っ赤だな
 つたの 葉っぱが 真っ赤だな
 モミジの 葉っぱも 真っ赤だな
 沈む 夕日に 照らされて
 真っ赤なぽっぺたの 君と僕
 真っ赤な 秋に かこまれている

 真っ赤だな 真っ赤だな
 カラスウリって 真っ赤だな
 トンボの背中も 真っ赤だな
 夕焼雲を 指さして
 真っ赤な ほっぺたの 君と僕
 真っ赤な 秋に 呼びかけている

 真っ赤だな 真っ赤だな
 彼岸花って 真っ赤だな
 遠くの たき火も 真っ赤だな
 お宮の 鳥居を くぐりぬけ
 真っ赤な ほっぺたの 君と僕
 真っ赤な 秋を たずねてまわる
 ------------------------
 薩摩忠:詞 小林秀雄:曲
・曼珠沙華咲いてここがわたしの寝るところ:種田山頭火
・つぶした球根を壁土に混ぜ込んで家のネズミを防いでいました。
・Lycoris:古代ローマの政治学者マルクスマルクスの妻の名。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS